りんごの花束
想った事。 考えた事。 今しか感じられない事。 …そんな感じ。
プロフィール

砂絵亜

Author:砂絵亜
5月13日生まれの牡牛座。
現在欲しい物は時間とお金。
好きなものは日々増えていく。
嫌いなものは日々忘れていく。
座右の銘は
「喰えるときに喰っとけ」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大佐は名だけの登場でした。
久々トラックバック。最近買ったこんな本。
『邪魅の雫』京極堂シリーズ最新刊。

榎木津礼次郎、今回殆ど出番無かったにも拘らず
思い悩んで苦しんでたんだんだろうなぁ…
普段益山に言ってる『馬鹿者』には
榎さんなりの愛が篭ってる様に聞こえるんだけど
今回言ってた『ばかやろう』は
なんだか榎さん、自分に対して言っているような気にさえなったわ。
それ、本当は言いたくなかったんでしょうに。
写真を焼けないように友人に預けていくほど好きだったんでしょうに。
自分は神だと言い切っている普段の榎さんじゃない。
あまりに人間らしい榎さんにはもう、泣けるわ…

いや、うん、読者としては心の底から楽しませていただきましたよ!!
そりゃあもう、帝大時代の榎さん情報が出て来るたびに付箋貼ってましたとも…!!
友人の恥は何十年でも微細に覚えているって、いやな友人だな京極堂…
(…でもそうなってくれそうな友人には心当たりがある気がする…)
でもただ楽しんでるだけじゃなくて、
本当に良い友人してるんだなぁってのは十分伝わったわ。
だってそうじゃなきゃ、
『榎木津に――辛い言葉を云わせたくなかったからです』
なんて台詞出てこないわ。
そういうところが大好きだ、中善寺秋彦!!


…あれ?榎さんを語ろうと思ったのに最後はただの心の叫びだ。



スポンサーサイト
冬服に衣替えがしたいです
というわけで
基本的なセーラー服の着方考察。

最近はミニスカートに紺色ソックス、ブランドカーディガン、赤のリボンタイ。
ついでに茶系の髪を巻いておく。

これが可愛いとされている事が多い。
しかし、私が推奨したいのは

膝丈スカートに同系色のタイツ。カーディガンにリボンタイ。
髪は弄っていないサラサラの黒ストレート。
これを表情が明るい子がすると可愛いと思う。

ただ時代に逆行したいだけとも言う。


持つべきものは理解のある友人。

本日の名言。
「受験も結婚も、何処で妥協するかだと思うの」

なんだかとてつもなく共通項の多い先生のお言葉です。
一時間、人生について語ってくださりました。
(他のクラスより4時間進んでいるならいいじゃないかとの考えにより。)
普段真面目なクラスなだけに、時折起こる笑いやどよめきに
隣のクラスの方々は驚いていたそうです。
興味深い話でしたよ、将来を見る様でとても怖かったですが。
独身貴族を楽しむ様子やら自分の為に生きる姿勢やら
10年後は結婚されてますよねというプレッシャーのかけられ方まで
…うん、恐ろしい。

で、気になったのが授業(?)終了後の友達の反応。
「大学行ったら誰か紹介してやるから」
「うん、紹介してあげるから」
「私も。」

…良い友達持ったなぁ…(遠い目)


詩っぽい
20060926001526

空に落書き。
どれだけの線を書いても
どんな種類の線を書いても
あの光は捕まえられない
この空は分けられない


困った。

誕生日プレゼントがね、全くもって選べなくてね。
6月くらいから全部踏み倒し中。
今は9月、もうすぐ10月ですか、そうですか。
夏色コスメがワゴンセールやってて、
もうこれでいいかしらと思ってしまったのは内緒。
…いっその事、よーじやのまゆごもりはんどくりーむ(30g)
一緒に通販してしまおうかしら。
あれ、最高に良いんだ。爪まで艶々。
でも完全に私の趣味。
私の趣味といえば彼に写真立て頂きました。嬉しい…!!
あー、プレゼント選ぶのって楽しいけど苦しい…!!

負けた…!!

わかったわ、負けました。

…と、思わず言ってしまうような初回特典…っ!!
しかも講談社BOOKホームページでは邪魅の雫特別映像が…っ!!
落ち着け?無理無理。
あの、文庫で人が殺せる厚さの京極堂シリーズが
時系列やら人物・妖怪紹介やらで一冊の文庫本に纏められてるんだぜ…!!
特別映像では京極夏彦氏自身が朗読してたんだぜ…!!
映像の少女の無音の言葉が無茶苦茶気になってるんだ…!!
もう、買うしかない…!!
文庫の筈なのに1680円でも買うしかない…!!

受験中なのに何してるんだって言葉の刃物は仕舞って置いてください

ふと。

生活破綻者予備軍ってなんだか物凄く強固な響き。
一筋縄じゃ抜けらんないぜ、みたいな。
仕事中毒のオチの効いた英文読みながら思ったのはそんな事。


バトン。

うん、人間って恐いよ。
何もしなくても噂は広まるし、
何もなかったはずなのに怨む事だって出来る。
想う力は轍より強い?
ううん、複雑な感情が、恐ろしいんだ。


[READ MORE...]
ダブル落ち
「おまえはこれから先10人にはプロポーズされると思うんだ、
 だけどどうしても売れ残ったら俺が貰ってやる」
「…じゃぁ、売れ残ったときに考えるわ」

高校3年生が今の時期に公共の場でこれをやったそうですよ。
(台詞ちょこちょこ違うかもしれないけど。)
その場に居合わせた子から話を聞きました。
なんとまぁ、羨ましい…!!微笑ましい…!!
って、

「お陰で勉強に手がつかなかった」
「感想それなの?」

「え?何十人から言われたよ?」
「母さん可愛かったものね」

素直に感動したの私だけかよ。

だからメイクなんて無意味だと思うのよ。

こんなに心躍らない席替えは初めてだ…!!

とまぁ、それは置いておいて、
昨日から右目にメバチコが出来ているのですよ。
右目の目尻の辺がぷくりと膨れているのです。
コンタクトは止めようかなぁと考えていたのですが、
学校に行くまで、行ってからしばらく、
誰も何も突っ込まないのでコンタクトをいれることにしました。
体育あったしね。ちょっぴり意地も張ってみたさ。

ああ、やっぱり人って他人の顔、見てるようで見てないよなぁ。


タイトルなし
20060918140831
結婚式で着るような深紅のドレスに身を包んだ美人と
真っ白なフリルのドレスを着た女の子がお召し替えをするようなお店で
体育祭二次会をしてきました。
暴風波浪警報発令中?
電車が止まるかもしれない?
知った事か。
こんなに美味しいご飯と時間にありつけない方が後悔するわ

…最寄り駅からタクシーで帰宅したのは初めてです


あるまじき事

リビングに入ると電車男(映画)が流れていました
父と弟が真面目に見ていました

電車男が
「好きになるのはもう嫌だ。苦しい。」
と言うシーンで私、思わず一言

「じゃ、やめたら良いじゃないか」

「姉貴、部屋に帰れ」
「お前と恋愛映画は見れん」

…なかなか素敵な突っ込みをどうも。


噂話。

噂って、役に立たないわね。

「5組が打倒1組を掲げている」

…という噂がありました。
まぁ、異様に仲の良い1組としては負けて堪るかと
更に絆を深めて突っ走る結果となっていましたが。

「…っていう噂があるんだけど、本当?」
「いや、全くそんなことは無いよ。」

きっぱりはっきり否定してくれましたよ。
ほぅら、やっぱり噂なんてそんなもんさ。


るんたった
羽布団…!!
愛おしいよ羽布団!!
夏用タオルケット仕舞った直後だけど良いんだ
寒い寒いと言い続けた甲斐があったよ
出してくれて有難うよ父上母上
は~…至福の時よのぅ…

え?真冬の過ごし方?
そんなもの今は知らないわ。
ショックすぎる。

でも皆の慰めの台詞が一言一句全く同じなのが笑える。

バックキャンバス作成中、
スカートをそこらに放り出して体操服を着てペンキをぺたぺた。
運悪くペンキで制服のズボンを汚してしまった男の子に先生が

先)「おい、これ穿いて帰れや」
男)「はーい…って、えー??」
私)「ちょい待てそこぉ!!それウエスト63っ!!」
(普段はそれよりサイズが小さい物を買っています。念のため!!)
男)「あー、じゃぁ入らんわ」

そこで話が終わるかと思いきや、別の男の子があっさり悪乗り。

男2)「…お前、穿けるんじゃね?」

指名されたのはクラスの頭脳。天才。の、出席番号一番の男の子。
皆お祭りモードでやいのやいのと囃し立てて、
結局押し切られる形で穿いてくれました。
ええ、それはもう至極あっさりと穿いてくれましたともよ…!!!
私の立場は何処に…?!!

で、皆さん言って下さる慰めは
「まぁ、あいつ細すぎるからしょうがない。」
…いや、それで割り切れないのが乙女心…っ!!


休み好き。
寝るの好き。
ふかふかのお布団でうだうだと惰眠を貪るの好き。
何にも考えないで居られるからかも
本読むの好き。
集中力全部注ぎ込めるような本だと最高。
時間が経つのを忘れるからかも

今日も勉強しなかったなぁ。


明日は休みだ。
文化祭でした。
色々ビックリもありましたが大変楽しかったです。
バラエティー部門優勝おめでとうございました。
一日中立ったり座ったり動き回って足が痺れたようになった甲斐があったよ。
ま、一番報われたと感じたのは
「美味しかったよ」
と言って頂けた時ですわ

疲労溜まって言動に棘が出てきたので今日は寝ます


明日は祭りだ。

もう、本当ごめんなさい。
当日仕事するから。大人しくお仕事するから。
昨日の草取り、今日の準備、その分のお仕事するから。
だから…ごめんなさい。
今日はさっさと帰ってGLAYビデオとルパン観賞(2回目)させてくれ。
ついでにお腹も空いたしね。

…って、即行で帰ったらコンビニに漫画取りに行き忘れたよ;


こんな小娘でも一応信頼の置かれた茶道部員。
うーん、世の中間違ってる。

イメージは壊してなんぼ
「似合う」と「出来る」は別物だ。

フルートが我が家にやって来ました。
母の趣味です。
繊細で綺麗なフォルムと相応の音は私も好き。
持たせて貰って姿勢と手の添え方だけ教わって構えてみました。
「うわー…似合う」
「巧そう」
とは母と弟の言。
うん、ごめんな、実は指がピリピリしてんだ。
「本当、楽器向かないわね」
私もそう思う。


塾から飛んで帰ったさ

阿吽の呼吸ってなんですか。
アイコンタクトすら無しで呼吸バッチリですよ。
マジでかっこいい。
だからルパンファンは止められないのよ。
もう2回は見直すね。DVD出る前に。
でも最後のさ、女神のダイアが落ちてた場所は
バイバイ・リバティー・危機一発!を髣髴とさせたよね。
あれは光は光の中へっていう木を隠すのは森へ精神。
今回は女神自身へと涙を返したって事かしら。

菅原道真公怒らせちゃ駄目だよ。

雨は良いんだ。
別に濡れたって、風邪ひいたってそれはそれ。
非日常が楽しいから。
でもね、本っっっ当、雷は恐い。
地震よりよっぽど恐い。
母がダメだから…ってのは何か関係あるのかしらね。
例によって今日の雷もそれはもう恐かったですよ。
午後の授業ほっぽりだしてタクシー呼んで帰ろうかと思う程度には。
でもちょっと笑っちゃった。

教卓に付かれていた先生が
雷の音と同時に入って来られた先生に対して一言

「何かされたんですか?」

…雷の音は先生登場の効果音ですか…。


私は頼る人。
電車に飛び乗った直後に気付いた事
…ヤバい、体操服忘れた…!!
学校に到着して4組の知り合いに泣きつきました

「おーねーがーいー」
「体操服貸してくれとか言うなよ?」

…おおぅ 流石クールな裏番長
特技に他人の心を読むを追加しては如何かな

「いや、先週も貸してたし。」

聞けば1組の才色兼備な方が借りに来ていたらしく。
彼女も頼られる人なのかも。


気付けないと思う。

駅前で親の車を待つ間
目の前にゆっくりと停車する車が一台
車内の運転手さんも助手席の少女もこっちを向いて
物凄い勢いで手を振っていました

………誰?

そう思いつつもにこやかに微笑みかけると
ドアが開いて助手席の少女が走り寄ってきました
よくよく見るとその顔はあまりにも見覚えのある人物で

「お前かぁ…!!」
「…やっぱり分かってなかったんだね、砂絵亜さん…」
「だって最後に会ったのは2年前の冬だぜ。
14歳の女の子がいきなり16歳になったって、気付けないよそんな急に!!」
「うん、その反論も読めてたよ。」
「う…」
「ま、私らは分かったけど」

…何と言うか、ごめんなさい。

memory

駅に降りると其処だけスポットライトが当たっているかのように見えた
人の喧騒の中何でもないTシャツにジーンズ、ボストンバックは黒
緊張も無く自然にピンと伸びた背筋に慣れた風に纏められたお団子頭
…ああ、そうか、もうそんな季節になったのか。
遠い次代に憧れのお姉さん達が通っていったのを、何度か見た
今度は、明らかに自分より年下の少女が通っていくのか
笑うしかないくらい胸が詰まった。言葉にもならない思いが胸を塞いだ。
ひとつ深呼吸をして現実が詰まった重たい鞄を肩に掛け直して前を向いた。
私の道は、大学へと続いている。

見知った少女の成長が私の覚悟を思い出させてくれた、そんな出来事。



ばとん
まりあーのさん宅からのピラミッドバトン。
彼女が形容詞7つでスタートしてたから、まぁ、私もそれで良いかと回答。


[READ MORE...]
ライバルでない同士は嬉しい
凄い凄い。
去年は少数しか居なかった教育学志望が
今年は多いみたいですよ。

隣のクラスにホッチキスを借りに走ると
女の子が一人と男の子が一人。
持っていた書類を目に留めた女の子が
「岡山大学に出すの?」
と聞いてきたので否と答えると
「そういやこいつも教育学志望だよ」
と教えてくれました
その彼は小学校教諭志望だそうで、
現場に立つにはなかなか良い人材かと。

中学英語教員志望
中学国語教員志望
小学校教諭志望

…色々と話たい…!!
とかなり強く思いましたが手にある書類は5時までに速達処理が絶対条件。
泣く泣く諦めて郵便局へ走りました…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。