りんごの花束
想った事。 考えた事。 今しか感じられない事。 …そんな感じ。
プロフィール

砂絵亜

Author:砂絵亜
5月13日生まれの牡牛座。
現在欲しい物は時間とお金。
好きなものは日々増えていく。
嫌いなものは日々忘れていく。
座右の銘は
「喰えるときに喰っとけ」

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブルス・スネイプについて
スネイプ先生への愛はTwitterじゃ語れない。
セブ…何で死んだんだセブ…
お前の人生幸せだったのか…?
リリセブになる道はなかったのか?(え、セブは右固定だよ。)
いや、分かってるよ。
初めは「もうセブに手を出さない」って契約でジェリリが付き合いだしたんだよね
で、ジェームズは契約中にあの手この手でリリーを絆し尽くして結婚したんだよね。
知ってるし分かってるんだけど納得できないよね。

だってセブにとってはリリーが唯一だったんだもの
リリーさえ居れば他はどうでも良かったんだもの
リリーさえ居ればなんでも耐えられたんだもの
誰よりなによりリリーを愛していたんだもの
幼少期の天使時代からの変わらぬ愛だよ!
パトローナスが雌鹿って、それがどれだけ深い愛か、わかってる!?
唯一の弟や妹の存在を隠すことで守ろうとしたダンブルドアには分かるまい…
真逆の愛し方だよ…
あぁもう!セブの事考えるだけで泣けてくる!

幼少期から愛してたリリーを
憎くて仕方ないジェームズに奪われ
それでもリリーが幸せならそれで良いと思ってた深い愛を
ダンブルドアに利用し尽くされ
リリーの忘れ形見をただひたすらに守る
…最期の台詞は、ハリーがリリーに似てるって台詞は、セブには言えないと思うんだ…
あの時セブは、ただハリーに知って欲しかっただけだと思うんだ…
リリーの忘れ形見に、自分がどれだけリリーを愛していたか、知って欲しかっただけだと思うんだ…
切ねぇ!

その深い愛情と、死んでいった親世代の愛だけをもって、
ハリーは死ぬ覚悟をしたんだよね…
まぁそれは、ハリーかっけぇ!で良いと思うんだけど。

兎に角、ハリーポッターシリーズは、セブの話ってことをご理解いただければ幸いです。
セブの切ない過去と苦しい現在に思いを馳せながら、是非再読を!
私ももう一回親世代発掘して読み直す…
セブ小説書きたい気分だ…
あの世で再開したリリセブ+(シリル・ジェームズ)当たりをな…
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。